<   2008年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

久々のお出かけ。

毎日暑い日が続く今日この頃…。
地獄の6勤が終わり、昨日は久々の休日でした。

「天気もいいし、愛車で鳥栖のアウトレットまでドライブだぁ~っ(^^♪」と思い、朝も早くにいつもお世話になってるガソリンスタンドで洗車して、TUTAYAでCD借りて準備も万端!

よっしゃ行くかー!!レッツゴー!!!


………あれ、雨かな?


と、思ったとたん、高速乗って佐賀県に入らない位からものすごい雨!雨!雨!
速度制限50キロになる位のどしゃ降りになりました…(T_T)

結局、鳥栖に着いても雨は止まず、「車から出るのやだなぁ~」と思ってた矢先に第1目的地である手作りハンバーグのお店「フレンズ」に到着!
平日でお昼過ぎにもかかわらず、お客さんが並んでるっ!\(◎o◎)/!

ハラをすかし過ぎているオイは、Wハンバーグランチをペロリと平らげ満足♪満足♪
とってもジューシーでおいしかったです!

アウトレットに着いて、ブラブラする内に雨も上がり始め、真夏の太陽の日差しがジリジリと照り始めてきました。 アチぃアチぃと口にすると、目の前においしそうなデザートの写真が載った看板が!!!

「そろそろおやつの時間だ!」と言わんばかりに、オイの足(お腹)は勝手にそのお店を探し始めた…。

「あった…!」

行列ができてたそのお店こそ、「コールドストーン」

店員さんがアイスを混ぜながら、歌を歌うというなんとも陽気なお店だ!

早速、他のお客さんの注文を受けた店員さん達が歌い始めた!とっても楽しそうにノリノリに歌ってる!

お客さんは……恥ずかしがって、ほぼノーリアクションだ。(^^ゞ

オイも手を叩いてノリたかったけど、どーも1人浮いちゃいそうで…できませんでした(-_-;)


久々の休日…振り返ると食べてばかりの1日だった様な…。
でも、大満足の休日でした~(*^^)v
                                            フロントM
[PR]

by iseyaryokan | 2008-07-30 22:27 | Comments(0)  

熱い戦い【高校野球】がもうすぐはじまる!!

「第90回全国高校野球選手権大会」が間もなく兵庫県の甲子園球場で開幕する。
野球をするのは苦手だが見るのは大好きな夏の風物詩「高校野球選手権大会」。毎年様々なドラマが巻き起こり見る人を魅了してやまない。そして昨年は大逆転の末、佐賀県代表の高校がこの大会を制した・・・。

遡ること20年前、我々の地元小浜町にあるO高校がこの甲子園の土を踏んだ。当時のことは私は分からないが、小浜町いや島原半島あげての応援だったことだろう。その県大会でO高校が優勝した瞬間、私は高校1年生で雲仙温泉のとある旅館で勉強合宿の真最中だったことを思い出した。当時はそのせいであまり感動を覚えなかったが、今思うと「この高校が(は言い過ぎだが)・・・」と思えるほどすごく、そして素晴らしいことだった。
一回戦で姿を消してしまったが、とにかく相手が悪かった。その相手とは泣く子もだまる名将「K監督」率いる茨城県の雄「J学院」。名司会者○○リが番組中に「コールドがあればいいのに・・・」といわしめた程の大敗だったが、私としては初出場の無名校に敗れるより全国を代表する高校と戦ったという事実のほうが誇らしいと思う。その彼らの雄姿は今でも目に焼きついている・・・。

今年もまたさまざまな「ドラマ」を演じてくれるに違いない。去年や一昨年のように“怪物”と呼ばれる選手はいないみたいだが、日本一熱い高校球児たちが日本一熱い場所「甲子園」で日本一熱く、素晴らしい、それでいて爽やかな「ドラマ」を演じてほしいと思う。
怪我と熱中症に気をつけて!




伊勢屋旅館 フロント  K.K
[PR]

by iseyaryokan | 2008-07-30 15:29 | Comments(0)  

意外な競演です。

先日ご案内した激うまなミルクセーキのあるお店 ニュー小浜。

なんとミルクセーキ以外にもカキ氷もあるんです。
それもまた激うまです。

粉雪みたいな氷の上にあずきがこれでもかってほど乗ってます。
絶対一人じゃ食べれません 笑。

そのかき氷をなんと美人ママから頂いてしまいました!

出前の注文で少し行き違いがあったのですが、
そのお詫びにとわざわざお持ちくださったのです!
しかもママ自らの練乳かけのサービス付!!

これは御礼と記念にブログに載せねばと思いカメラのシャッターを押した瞬間

あれ?

誰か写ったような・・・

写真を確認してみると

・・・

・・・

いつの間にか・・・

女将が写っていました・・

小浜の2大美女の意外な競演です。

(ちなみに右がニュー小浜のママ、左が当館の女将です)


                                   伊勢屋旅館 くさの
c0150803_14503156.jpg

[PR]

by iseyaryokan | 2008-07-30 14:54 | スタッフのつぶやき  

長崎一美味しいR砲ラーメン!『いつも美味しいラーメンをありがとう』

先日、久しぶりに大好きな『R砲ラーメン』を食べに行こうと思い諫早市まで車を走らせた。
いつもお昼は行列で入れないので少し時間をずらし、13:40分頃来店した。
がしかし・・・店の中で5組待ちだった。
どうしようか悩んだが大将と女将さんに「すんませんまた来ます」と言って店を出てしまった。
食べたかったのに・・・といつも後悔する。


2~3年ぐらい前の話だ・・・
もっとずっと前からR砲ラーメンに食べに行っていた僕は、いつも笑わないし、一言もしゃべらない大将がいつも気になっていた。
体格は痩せ型で、頭はまるボーズ(スキンヘッドに近い)、色黒でちょっと強面だ。
ある日、お店の常連さんと大将が話をしだした。
おわっ!しゃべるんや!と思いながら耳を傾けた。
魚釣りの話みたいだ。大将が笑った。普通の人だった。良かった。

それから1年後くらいかな・・・
伊勢屋のグラウンド・ゴルフ大会で旅館前のグランドを走り回っているときのことだ。
小浜の堤防で魚釣りをしているご夫婦がいた。
頭が黒光りしている。
どこかで見たことのあるような・・・そんな気がしていた。
休憩時間に温泉玉子を皆さんに配っていたとき、思い出した。
ラーメン屋の大将だ。
玉子が少し余ったので大将と女将さんに差し入れした。
『いつも美味しいラーメンありがとうございます』と言って。
帰りに寄ってくださいと入浴券も渡した。
もちろん僕のことは知るはずもない。
何百人、何千人のお客様の内の1人だから・・・。

それからまた半年が過ぎて・・・
ある日曜日。
伊勢屋旅館へ食事と休憩で2名の予約が入った。名前はS様。
憶えてたのか偶然か、なんとラーメン屋の大将と女将さんだ。
先日テレビの取材があってそれからずっと大忙しだったから、今日はお店をズル休みして、ゆっくり温泉だそうだ。あっそういえばこの間の玉子ありがとね!
憶えててくださったんだ。感動した!!
大将は久しぶりにお昼からお酒を飲まれてダウン気味だったんで「またラーメン食べに行きますから!」と挨拶程度しかできなかったけど、本当にありがとうございました。

旅館で働いていて良かった。
旅館に勤めているからこそこの再会があるし、感動を味わえる。
旅館 is エクセレント!!

でも、再会したくない人もたまに訪れるので日ごろの行いはご注意くださいませ。

結局その日は牛丼の吉○屋で、得盛つゆだく・玉子・味噌汁で残念ながら落ち着いた。
大将!また美味しいラーメンを食べに行きますのでよろしく!!


伊勢屋Nでした。
[PR]

by iseyaryokan | 2008-07-29 21:08 | Comments(0)  

走るビアガーデン発見!長崎ってすげぇー!!

昨日の夜、ある目的があって長崎まで1人車を回した。
日ごろは運転マナーの良い僕も、久しぶりの休日で気が抜けて、車の中で足を組み肘をついてぼけーっと運転していた・・・。

長崎市内のある交差点で赤信号で停車した。
時間は20:10分頃、日も暮れて町がネオンがチラチラ輝く時間帯だ。
隣にキラキラ眩しいバスが停車した。・・・と思いきや!で・で・電車(路面電車)だった。
しかも全員がこっち(窓側)を向いて腰かけている。じろじろ見るなー!!
よく見ると生ビールジョッキを片手にニコニコし、電車の中で宴会をしている様子だ。
電車の側面には『長崎夏の風物詩・納涼生ビール電車』
と大きく書いてある。

走るビアガーデンだ。長崎ってすごいぜ!
長崎市内では当たり前のことだろうけど、始めて出会った僕はビビッた!感動した!

どこから出発して、終点はどこなんだろう?トイレはどうすんの?とかいろいろ心配したりして・・・。個人でも乗車できるんだろうか?乗ってみたいなぁ。1人で乗るのも寂しいしなぁ・・・と興味津々だ。

車の窓から覗くと、みんなチョー楽しそうだ。
半分以上は女性で、みんな美味そうにビールを飲んでる。

ちくしょー!!
最近、メタボ気味でビールを我慢している僕には酷すぎた。
あまりにも楽しそうだから300mくらい横並びで走行してやった。
意味は無いけど・・・。

しかしあんな楽しい電車があったら一度は乗ってみたいものだ・・・。
長崎に何をしに行ったのか忘れてしまい、そのまま帰りました。


伊勢屋Nでした。
[PR]

by iseyaryokan | 2008-07-29 19:29 | Comments(0)  

7月25日のお客様!『壁を乗り越えた』

7月25日は諫早かわまつり(花火大会)だ。
伊勢屋旅館でも花火大会送迎付プランをご案内中。

伊勢屋旅館に宿泊して花火を見に行こう♪(送迎付プラン)
c0150803_14301510.jpg

すごくお得と思うのは私だけかな?
と言うのは、なかなかプラン予約が入ってこない。
やっぱり花火大会と宿泊は別ものなのかな?
それとも宣伝不足か?


本日限定のかわまつりプランは1組のご予約。
香港からのお客様だった。
大人7名、子供2名様。
伊勢屋もグローバル化が進んだもんだ。

ネットからの予約で、日本語OKぽかったが・・・
純日本人の私たち(私)は、『言葉の壁』がとても心配だった。

到着された。
日本語は出来ますか?
少し。
ホッとした。
フロントでの受付をお願いした。
ネーム・テレフォン・アドレス・・・

日本語が本当に『少し』だ。
オーマイガー!!
花火大会プランのスケジュールの説明もしないといけない。
食事時間も食事会場もご案内しないと。
お部屋の案内もだ。

ディナータイム?ファイブサーティー?オーバーゼアー、レストラント?
お風呂・・・バス、パブリックバス、ファーストフロアー、ろ・て・ん風・呂、アウトバス?アウトドアバス?お部屋は3階スリーフロア?サードフロア?
シックスサーティーマイクロバスでゴーゴーです。
ヒアーヒアー集合シックスサーティー!ジャパニーズユカタビッグサイズプリーズ、
Ohーノー!!!!!

もう頭の中がパルプンテだ。

助けてくれーと願ったら・・・
なんと願いが叶った。

隣にいつの間にか伊勢屋の代表が立ってらっしゃった。
なんとイングリッシュで説明を始めた。
僕が時間をかけて話したことをものの1分で説明され、さっとお部屋へご案内。
サンキューです!尊敬です!かっこいいです!

いつもフロントにはほとんど入ってこられないのに何かを感じたんだろうか?
心配だったんだろうか?みんなで超かっこいいぜ!!といいながら
これからの旅館は英語・ハングルは必須だよな~と反省し、お客様を花火大会へ送り出した。

翌朝もグッドモーニングとバイバイと精一杯の笑顔でお客様を見送り、たぶん言葉の壁は乗り越えられた様な気がする。

今日から少し勉強しようかな・・・しないだろうな・・・。


伊勢屋Nでした。
[PR]

by iseyaryokan | 2008-07-26 14:36 | Comments(0)  

最近一番ショックな出来事

この間、久々に車を傷つけてしまった…。
なかなかヘコむ事が少ないワタクシも、この時ばかりはさすがにちょっとヘコみました。

この車と付き合って、もう丸10年が経ちます。
いろんな思い出がたくさんある愛車…。いつもヘタクソな運転でスマネェ(T_T)

これからもまだまだよろしくな!                       フロントM
       
c0150803_20384615.jpg

[PR]

by iseyaryokan | 2008-07-25 20:44 | Comments(0)  

第6回小浜温泉やすらぎのグラウンド・ゴルフ交流大会『もう一つの戦い』

7月23・24の二日間にわたり伊勢屋旅館主催のグラウンド・ゴルフ大会が開催された。
c0150803_22413761.jpg

今回の参加者はいつもより少ない90名。
7月・8月の猛暑時期の大会は大変だ。
最近は熱中症が流行っているし・・・

こんな季節にたくさんお集まりいただきまして、ほんとうにありがとうございます。

13:00最高気温32℃の灼熱のグランドでのゲームが始まり、
平均年齢約70歳のおじ様とおば様が元気にプレイする。
何でそんなに元気なの?と聞きたくなる。
大好きなグラウンド・ゴルフをすると暑さも忘れるのだろうか?
若いスタッフのほうが逆にバテテしまい、情けない限りです。

今回は、個人戦終了後に団体戦を行った。
すごく暑かったので希望者のみと言うことで5人1組のチームを作る。
チームが5人に満たないところは、他チームと混合でチームを作り参加していただく。
まさしく交流だ。合計15チーム(75名)の参加申し込み。
伊勢屋のスタッフもちょうど5人だったが2人と3人に別れ他チームと合体。
スタッフの入ったチームの方には優勝は諦めてもらい、「明るく楽しく頑張りましょう」とスタートした。

もちろん団体戦も大事だが、『もう一つ別の戦い』があった。
5人のスタッフの勝負だ。
負けた人(一番ケツの人)は、ジュースおごりの刑だ。
普段ギャンブルをしない僕はドキドキしながらゲームに望んだ。
暑さも忘れて楽しくプレーした。
僕のチームにはスタッフ2人だ。
最初は相棒と五分五分の争いだったが・・・
ゲームの途中で携帯がなった。
ゲームを優先するか、電話に出るか迷って・・・電話に出た。
○カミからの仕事の電話だった・・・。
その後、なんだか調子が狂い、ダメダメなスコアで終了。
相棒は調子よく終始落ち着いてプレーし一番ケツは逃れた。
・・・ので僕はケツ候補だ。
別のチームでまわっている3人は楽しそうにワイワイやっている。
やばい・・・
案の定、僕が一番ケツだ。

4人にジュースをおごり、またいつか・・・と再戦を誓った。


ということで、無事2日間のGG大会を終えることができました。
また来月も大会を予定していますので宜しくお願いいたします。
僕に再戦の場を与えてください・・・。
たくさんのご参加をお待ちしております。



伊勢屋GGスタッフNでした。
[PR]

by iseyaryokan | 2008-07-24 22:46 | Comments(0)  

すくすくと育っております

毎日暑い日が続く中、今年旅館のスタッフで購入した
ジャカランダは力強く育っております。

うまくいけば10年後には綺麗な紫の花がつくそうです。

頑張って育ってください。

応援しております。

                   伊勢屋旅館 くさの
c0150803_174259.jpg

[PR]

by iseyaryokan | 2008-07-24 17:04  

スポーツを通じて学んだ大切な「言葉」

7月20日(日)わが長崎県小浜温泉で毎年恒例の「全九州剣道練成大会」が開催された。
九州各地より腕自慢の少年少女剣士がこの辺境の地に集い、日頃鍛えた心と技を競い合った。私も20数年前にこの大会に参加し他の道場の剣士と竹刀を交えたことを思い出す・・・。
実をいうとこの『小浜町』は数多くの有名?剣士を排出しており、全国でも数少ない「八段」の称号を手にした猛者も存在する。もちろん「インターハイ優勝経験者」や「国体出場選手」も多数いらっしゃる。
剣道用語にはいろいろな言葉があり、初段審査の時に「先の先」や「後の先」、「切り返し」、「打突の好機」など様々な言葉や意味を(一夜漬けで)勉強したことが蘇ってきた。

その中でも人生の教訓とも思え心に響いた用語がある。それは「残心」。

「残心」とは剣道用語で『打突が終わった後少しも油断せず、次に起こるどんな変化にも直ちに応じられる心構え」とあった。剣道の試合(特に高校生以上)ではこの行為が「一本!」につながり、この行為が不十分だと折角いい打突が行われても「無効」になってしまう。

剣道で重要なこの言葉が我々の人生に大きな意味を成していることをこの頃になるとよく思い知る。どんなにいい仕事をしても、最高の応対をしても、詰めがあまいと全てが台無しになったり、逆にクレームになったりして取り返しがつかないことになりかねない。
今この20数年前に(一夜漬けで)勉強した言葉が耳朶に蘇り、現在の自分自身の仕事内容や生活状況が恥ずかしくなってきた。失敗に次ぐ失敗、聞き忘れ、伝え忘れ、対応の遅れ等々全ての失態はこの「残心」の無さ・甘さに依るものだと改めて痛感した。

これからの「人生」(もう遅いかも知れないが)、この「残心」という言葉を大切にし、日々の業務にそして生活にもっと精進できればとつくづく思う今日この頃でした。


伊勢屋旅館 フロント  K.K
[PR]

by iseyaryokan | 2008-07-21 09:12 | Comments(0)